入院中の小児患者に夢と希望を。 筑波大学医療系学生団体「つくばけやきっず」のブログです。

2015年11月22日

【ゆめ花火鑑賞会♪】

こんにちは、つくばけやきっずです(^^)
報告が遅くなりましたが、先日11月8日(日)ゆめ花火が打ちあがりました。

鑑賞会にはゆめ花火の元絵を描いたお子さんや入院中のお子さん、そのご家族を招待し、
みんなで花火を見上げました♪
あいにくの雨の中で地上からはほとんど見ることができないとの声もありましたが、
鑑賞教室からは花火を見ることができました(*^ ^*)
メンバーもみなさんと一緒に楽しい時間を過ごし、みなさんの笑顔を見て幸せな気持ちになりましたキラキラ

当日鑑賞会の内容を紹介します。今年は全体のテーマを宇宙旅行として装飾や企画を行いました。

まず附属病院外来にて、芸術系学生団体アスパラガスさんの協力の下、工作のワークショップを行いました。「キラキラおさんぽ」という名前のペットボトルにのりと水を入れ、その中に蓄光テープの星やきらきらのセロファンで作った動物達を浮かばせるという作品です。





その後飾り付けをしたバスに乗り、鑑賞教室まで移動しました。



鑑賞教室ではレクリエーションとしてメンバーがお話形式でお子さん達の絵を紹介しました。動物達の宇宙旅行をテーマにメンバーが作成したお話にみなさん真剣に聞き入ってくださっていました。また、アスパラガスさんから今回の工作のコンセプトの説明、筑波大学花火研究会さんから打ちあがる花火玉の説明をしていただきました。




そして、いよいよ花火打ちあげの時間がやってきました。花火が打ちあがるとみなさん歓声を上げて、楽しんでいただけたようで本当に良かったです(^ ^)♪

打ちあげが終わるとメンバー手作りのバルーンアートをお土産としてお渡しし、バスで附属病院へ向かい解散となりました。



参加されたご家族からは
「ゆめ花火ではみんなが書いた絵が花火になりとてもきれいで感動しました。」
「花火が終わってひとこと、『ママ、私がんばるね。』娘にも私にも勇気を与えてくれた花火でした。」
「これからもたくさんの子ども達に笑顔と感動をあたえ続けて下さい。」
との言葉をいただきました。
花火がみなさんのこれからを応援する心の糧となっていただけたのなら私達も嬉しい限りです(o^ ^o)

これからも病と闘うお子さんやそのご家族にワクワクやドキドキを届けられるよう、活動していきたいと思います。是非応援をお願いします♪





Posted by つくばけやきっず at 22:23│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。